使える!新卒採用支援システム徹底比較マップ

総合ランキング

HITO-Link
おすすめ度★★★★★
HUMANAGE
おすすめ度★★★★☆
カケハシスカイソリューションズ
おすすめ度★★★★☆

採用効果を高めながら選考業務を効率化する

採用効果を高めながら選考業務を効率化する事ができる新卒採用支援システムでは、大量の選考データの一元管理を行う事が可能です。応募者とのコミュニケーションを実現する事が出来る機能や、採用業務の状況を多角的に分析や検証をする事ができる機能などがあります。

新卒採用支援システムには様々な機能がありますが、実際に使用する機能がどのような物が必用であるかを把握して各社のシステム比較をすると便利に活用することが出来ます。独自の採用ブランディング戦略に基づくページデザインやレイアウトなどがあり、オーダーメイド製品やパッケージ製品など様々あります。

応募から選考予約といった手続きや、情報提供やアンケート取得などの応募者と人事のコミュニケーション機能が充実しているシステムを選択する事が大切です。人事と協力社員のやり取りをサポートする機能など、応募者と企業、採用活動に携わるすべての人が使う事が出来るプラットフォームとして新卒採用を支援する事が出来ます。

HITO-Link

HITO-Linkは、企業における新卒採用支援を行なうシステムであり、人事担当者が求人や採用管理を実施する際の管理効率を向上させることを目的として導入されます。いわゆる採用管理システム(ATS)と呼ばれる分野のにおける、製品形態の一つです。

HITO-Linkには、採用に関わる一連の作業やステータスを視覚的に把握できる機能が実装されており、採用活動全体の進捗状況を見える化している点が特徴です。説明会の予約状況、定員管理などのスケジューングを容易にし、大幅な管理工数削減を実現しています。

応募者それぞれには、個別にマイページが提供され、ウエブ履歴書の受付や、各種イベント告知、メッセージの発行を自動化します。また、HITO-Linkが提供するアウトソーシングとの連携機能を活用することで、無駄のなりコミュニケーションを實現します。

HUMANAGE

HUMANAGEを運営してる株式会社ヒューマネージでは、採用ソリューションや適性アセスメント、EAPの事業を行ってます。採用サービスとして、新卒採用 新卒採用支援をサポートするシステムやキャリア採用 採用支援システム、内定者フォローシステムの他に新入社員フォローシステムがございます。

HUMANAGEでは、膨大な数のデータをチェックすることによって、個々の要件に合致した方へ採用から定着するまで支援を行ってます。セミナーの情報も入手出来るようになってるので、申し込みたいものに対し参加することが出来るようになってます。

採用の目的や各企業に対応した、複数のテスト種類や様々な実施の方法も用意されてます。適正アセスメントのサービスも行ってますので、ハイパフォーマーとなる人材を多角的に見極めるこおとが出来ます。

カケハシスカイソリューションズ

カケハシスカイソリューションズの新卒採用支援システムでは、新卒採用を含めた、人材採用の計画と採用活動の支援を行います。企業が求める人材要件の定義にはじまり、採用戦略の立案や広告媒体の選定、そして内定者フォロー支援まで幅広くサポートしています。

カケハシスカイソリューションズでは、中長期の人材採用計画を基に、年間採用スケジュールの策定と具体的なアクションプランの提案を行っています。階層別の中途採用の計画や新卒採用の配分、そして入社の際の受け入れ準備まで、総合的に計画を立案します。

新卒採用支援システムでは、人材採用計画全体を一元化することが出来、計画的なコスト配分と人員配置につなげることが出来ます。また人事採用部門と経営陣との連携を強めることで、人材採用を連動させた経営を可能にしています。

careermart

careermartの新卒採用支援システムでは、企業によって活躍するタイプが異なる人材を、適切に選別することが可能です。また、ナビの出稿や合同説明会への参加など、採用コストを適正に判断します。それによって、無駄なコストを削減することが出来ます。

careermartでは、採用手法の変化に柔軟に対応しており、広報予算の見直しと共に、エントリー者数の増大に繋げています。同時に、煩雑化している学生管理をシステム化することで、マンパワーの不足を補うことが出来ます。それにより、連絡ミスなどによる、学生のエントリー回避を防ぐことになります。

careermartでは、激化する採用戦線に対処するため、海外の優秀な学生の呼び込みを行っています。また、本格的な採用シーズンが始まる前にインターン制度を活用することで、優秀な人材の確保につながります。同社では、インターン制度の具体的対応についても、コンサルティングを行っています。

天職市場

天職市場では、求人サイト運営や新卒採用支援、障がい者支援サービス事業を行ってます。最大画像4枚まで、自由に求人情報を編集することが出来、最新の求人に至っては、上位に表示されるようになってます。期間内であれば、何件でも求人の掲載が出来、掲載する内容を作戦を練って、流入数もアップ出来ます。

広告費も他社では、ありえないほどの料金形態となってます。また、企業のホームページを作成したり、求職者が知りたい情報をアピールすることによって、応募から面接までの採用率をアップすることが出来るようになってます。

新卒採用支援サービスのシステムとしては、人材採用のコンサルが事業計画など理解し提案を行ってます。学生就業支援センターとの共同で職場のリアルを体験をしたり、体験された学生からの意見から企業の魅力をアップさせることが出来ます。その他学生向けにオープンスペースを設けたり、オリジナルのイベントを行うこともあります。

ジョリーロジャー株式会社

ジョリーロジャー株式会社は、学校求人特化型の新卒採用支援システムを提供しています。それによって、大学や短大、そして専門学校の就職担当者との企業の橋渡し役を果たします。また、様々な面から企業の採用活動を支援しており、中でも自社スタッフによる学校訪問が核になっています。

ジョリーロジャーでは、専任スタッフが学校の就職課やキャリアセンターを定期的に訪問することで、内定状況の把握を行っています。それによって、採用支援に必要な情報を取得することが出来ます。また、学生の新卒時での就職意欲を逃さないため、就職活動最終期まで選考機会を提供しています。

ジョリーロジャーは卒業シーズンの3月まで、就職活動のラストスパートを支援しています。何よりも、学校と企業の直接的な関係構築を目指しており、深化拡大が望める学校求人を新卒採用の要に位置づけています。また、同社では学校求人のノウハウの提供も行っています。

採用管理システムは進捗情報を管理して報告できるか

大企業においては、毎年新卒の採用が行われています。大学や専門学校、高校などを卒業する学生に対し、卒業年から募集を始めます。優秀な学生を確保して、その人たちには4月から入社してもらうのが流れになります。通常の中途採用などでは、不足した人材などを補うのが目的なので、足りなくなった都度行われ、実際に入社するのも採用後すぐになることが多いです。新卒生の場合は、早ければ夏ごろには内定を出すことになり、それから半年近くは内定者と学生の身分で管理をすることになります。内定者の全てが入社してくれるわけではなく、優秀な人ほど他社を選択されてしまうこともあります。採用担当者としては、いかに優秀な学生を集め、採用にこぎつけ、入社をしてもらうかまでを管理しなければいけません。そのためのいろいろな業務があります。

現在は、採用管理システムは業者から提供されており、そちらを利用して管理をすることが多くなっています。それ以前は、単に応募者の名前であったり、学歴、採用試験のテストの結果、面接の結果などをコンピューター上に入力して管理するぐらいでした。あくまでも学生なので、業務に対する適性などの情報はわかりません。学生として優秀な人を採用はするが、実際に優秀かどうかは働いてもらわないとわからない状態でした。採用管理システムの使い方としては、まずは採用スケジュールの進捗管理になります。いつまでにどれくらいの人数を確保するかです。応募者に集まってもらうセミナーを開催したり、面接をしたり、内定を出すスケジュールを管理して、それを配属する予定の管理者等に報告をします。うまく進められているかがわかります。

これまでの管理は、内定を出すまでで終わることが多かったようです。採用する側からすると内定で終わりかもしれませんが、学生からすると内定を受けた会社からどの会社に行くかの選択があります。採用側は、できるだけ寺社を選んでもらうような対策が必要になります。管理システムにおいては、内定者フォローのスケジュールを管理できたり、入社前研修であったりそれらの結果を管理することで、目的の人材が確保しやすくなります。採用の仕方としては、企業側が独自に行うより、新卒情報サイトを通じて応募者を募ることが多くなっています。大手キュ人情報のシステムと連動しやすいことが、使いやすさにつながる場合があります。自分でデータをコピーしなくても、自動的にデータの取り込みなどができる仕組みが良いでしょう。

カテゴリ

PAGE TOP